2012年04月01日

JunJun Presents WANNA★BE vol.10 入学式

じゅんじゅん主催のこのイベントも、今回で10回目だそうで、おめでとうございます!

バレンタインデーに、iTunes 配信開始して以来の初ライブっすね。

wannabe20120401.jpg



フロアも、ほぼ満杯。


今回も多彩なアーティスト約10組が、入れ替わり立ち替わり登場、ノンストップ3時間半、飽きることはありませんでいた。


じゅんじゅんは、まず中盤のスペシャルショーケースで登場。

なんと 櫻 -sakura- さんとのコラボで、リアーナの ”Take A Bow” を披露。


櫻 -sakura- さんも、3/11に シングル ”櫻の花” で、iTunes 配信開始だそうで、おめでとうございます!

デビューの日を3/11にしたのは、もちろん意味があって、朝日新聞にも取り上げられたって。

そのあたりは、コチラを参照。

7月には、じゅんじゅん、櫻 -sakura- 、M's Rump Girls の3組によるイベントがあるんだって!


で、これは、街中でたまたま見かけた M's。

msrumpgirls20120326.jpg


じゅんじゅん、今日のコスチューム、春らしくて、しかもミニスカで、カワイかったねー!

LOVE!!ハートたち(複数ハート)


junjun20120401.jpg

1曲目、まだタイトル未定の新曲!

これが、WEEZER の ”Buddy Holly” をフィーチャーしてるわけですよ!

え? じゅんじゅん、WEEZER なんて聴くんだっけ?

OK MUSIC でサワリを聴いてたんだけど、個人的にも超ノリっすな!


2曲目はおなじみの ”LOVE CALL” 、続いて、ライブで人気という ”パパママ”もちろん最後はこの曲 ”Chocolate Cake”

一緒に歌って盛り上がって、大阪からのゲスト NAO、才能あふれるゆるキャラ優くんは今回はバンドで。

桜もち、ゴチでした。

るんるん
 
2012/4/1
 
後藤純子 in WANNA★BE vol.10 入学式 @ Shibuya O-Crest
 
01 (New Song : Untitled)
02 LOVE CALL
03 パパママ
04 Chocolate Cake
posted by かくらん堂 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

2012シーズン展望 @ 東京ドーム

4年ぶりのMLB開幕戦シリーズ in Japan。

今回もプレシーズンマッチのみ参戦。


いやー、すごい行列だった…

30分以上待たされて、座席についたと同時にプレーボール。

tokyomlb20120325.jpg


もう知らない選手ばっかしで。

シアトルは、1名を除き皆無。

オークランドは、4何前の来日時も見てるし、同じ年に現地観戦してるので、なんとなく覚えている選手もいる。

『マネーボール』 が映画になったこともあって、むしろGMのビリー・ビーンが一番知られているかもしれない。



シアトルのスズキさん、写真撮影のフラッシュがすごかった。

seasuzuki20120325.jpg


オークランドのスズキさんは、ホームランを打ちました。

oaksuzuki20120325.jpg



とにもかくにも、これで個人的にもシーズン開幕!


今年もそんなに頻繁には回れそうもないけど、未訪問の球場は、いくつか制覇しておきたい。

特に広島かなぁ。


当面のターゲットは、1ヶ月後のGW。

ほぼほぼプランもできて、エアもおさえた。

ちょっとだけネタばらしをすると…


MLBはデトロイト、周辺のマイナーを観戦してまわり、シカゴに抜ける。

9連休を使いきるだよ。


野球  2012 MLB開幕戦シリーズ プレシーズンゲーム
 
2012/3/25 (Sun) 東京ドーム
 
-------------------------------------------------------
阪神タイガース    :000 000 001 - 1  8 0
シアトル・マリナーズ :030 000 20x - 5 10 0
-------------------------------------------------------
 
Tigers: 岩田(W)
 Mariners: Noesi(L)
HR: 金本、Wells
 Time: 2:47, Attendance: 42,137
 
 
------------------------------------------------------------
オークランド・アスレチックス :010 000 400 - 5  8 0
読売ジャイアンツ       :000 000 000 - 0  2 0
------------------------------------------------------------
 
Athletics: Milone(W)
 Giants: 宮国(L)
HR: Suzuki
 Time: 2:48, Attendance: 26,252
posted by かくらん堂 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球場にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

木村カエラ / KAELA WEB TOUR 2012

カエラ、武道館3Days、その2日目。

でもこれ、位置付け的には、Zepp Tour の追加公演なんだよね…



つまりっ!


追加公演で、武道館3Days!


kaela20120304.jpg



定刻から15分遅れでスタート。

アリーナ中央にせり出した花道&小ステージ。

まずは8本足の蜘蛛のコスチュームのダンサーたち。

蜘蛛たちがはけた中から、せり上がりでカエラ登場!

単なる追加公演じゃなくて、武道館に合わせた演出してきたところがうれしい。



オープニングは最新アルバムのタイトル曲。

ここでようやくわかりましたよ。

「WEB TOUR」 の意味が。

文字通り、蜘蛛の巣ツアーだったんだね。

カエラの衣装も、蜘蛛の巣風レース。



今回、最新アルバムの曲をできるだけ聴きたいなと思ってた。

全26曲、お腹いっぱいのセットリスト、前半戦は最新アルバム中心。

いや、終わってから気がついたんだけど、アルバム全曲やってくれてたんだ!

すごいよ、カエラ。



最新アルバム 『8EIGHT8』 の3つのコンセプトについて、カエラは自分の言葉で丁寧に語ってくれた。


”無限大” 黒ハート

”ありがとう” 黒ハート

”一人じゃない” 黒ハート



この日、現場にいた人だけわかるキーワード。


”ちっちゃい人間” わーい(嬉しい顔)

”ラーメンの一口目はむせる” ふらふら




それと、”カエラ、泣くでェ〜” を全員で。



アリーナ!

カ!


1階!

エ!


2階!

ラ!


全員で!

泣くでェ〜!



中央の小ステージ、アコースティック風に ”チョコレート” 、心にしみる。



後半戦は、これでもかってくらいいくよー、っていうカエラの宣言通り!

You Bet!! からはじまり、Yellowトゥリクラマスタッシュ、カエラ自身ギターをかき鳴らすBeat喜怒哀楽、これはもう鉄板のノンストップメドレーでした。

ダブルアンコで、2時間半をこえるテンコ盛り。


メチャクチャ楽しかったよ。


カエラのライブ体験は3回目だけど、今回はスペシャルに無敵だった!

その昔、深夜のMXテレビで楽しみに見ていた、ただ超カワイイだけの女の子の面影はないです。



日替わりのオフィシャル・キーワード、今日は 「一人じゃない」 でした。


なので、今日は一人じゃなかった。



カエラは、2番目に好きな日本女子であることを確認。


るんるん
 
2012/3/4
 
木村カエラ / KAELA WEB TOUR 2012 @ 日本武道館
 
01 8EIGHT8
02 Make my day!
03 リルラ リルハ
04 STARs
05 deep beep
06 L.drunk
07 KEKKO
08 うたうらら
09 ホシノタネ
10 lollipop
11 A winter fairy is melting a snowman
12 チョコレート
13 orange
14 Ring a Ding Dong
15 Moon Light
16 Circle
17 You bet!!
18 Yellow
19 TREE CLIMBERS
20 マスタッシュ
21 BEAT
22 喜怒哀楽 plus 愛
--- encore 1 ---
23 Butterfly
24 BANZAI
25 Magic Music
--- encore 2 ---
26 happiness!!!
posted by かくらん堂 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

THE VACCINES / NEXT BREAKERS vol.1

ザ・ヴァクシーンズ

日本流に読むなら、ワクチンズ

インフルエンザ大流行中の中、時宜を得た来日ってか?

vaccines20120215.jpg


2011年の新人バンドの中では、Foster The People は断トツとして、ギターバンド系では頭ひとつ抜けた感あり。

これまた新人バンドとして、各種アワードなんかを獲ってる Howler を従えての登場…



半分ジャケ買いのノリで買ったCD聴いた感想。

メロは押しなべてキャッチーだけど、音的には薄っぺらい感否めず???

wdyeftvaccines20120215.jpg

いや、そんなことは、最初の爆音で吹っ飛んだね。


基本3分前後の曲をガンガンぶちかましていく。


あとはもう、めちゃめちゃ楽しかった。



本編終わりから2曲目の ”If You Wanna” では、ダイブも!

本日の盛り上がりポイントでした。


”Do you wanna come back? It's all right、it's all right”

”It's all right, If you wanna come back to me!”


アホみたいにシンプルな歌詞で、シンガロングも楽し!



さらに…

”サマソニ” って叫ぶと、場内 ”うおーっ” と歓声。

最大の盛り上がりポイントは、実はココだったかも。


何も考えずに、ひたすら楽しみたい向きには、超オススメっす。


るんるん
 
2012/2/15
 
NEXT BREAKERS vol.1 THE VACCINES @ EBISU LIQUIDROOM
 
Opening Act : Howler
 
01 Blow It Up
02 Wreckin' Bar (Ra Ra Ra)
03 Tiger Blood
04 A Lack Of Understanding
05 Wetsuit
06 Teenage Icon
07 Under Your Thumb
08 Post Break-Up Sex
09 All In White
10 Wolf Pack
11 No Hope
12 If You Wanna
13 Family Friend
--- encore ---
14 We're Happening
15 Norgaard
posted by かくらん堂 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

FLORENCE + THE MACHINE

赤坂って土地柄だけのせいじゃないと思うけど、半分が西洋人という客層でした。

最新アルバム 『CEREMONIALS』 が、日本発売直前ってこともあるのかもしれない。

Sold Out ! って言っても、まだまだ日本じゃ知られてないのかなぁ。




ステージ下手のハープが、まず目をひきます。

なんか、それっぽい雰囲気だ。


メンバー登場、人数多いなー、数えるとサポートメンバー入れて総勢8名。


でもね、やっぱし。

振袖? 打ち掛け? をはおったフローレンス・ウェルチが登場すると、もう視線は彼女に釘付けでした。

florence+machine20120201.jpg


外見だけじゃなく、1曲目から、惜しげもなく歌い上げるって言ったらいいんでしょうか、その声量にまず驚いた。

正直、こんなに本格的に歌がうまいとは思ってなかった。


その後のパフォーマンスも含めて、フローレンスはイメージを裏切り続けてくれた。

クール・ビューティーっていうのか、冷たくて刺すような美しさを発散するのかと思ってました。


センターのスタンドマイクを前にしなやかにポーズを決めたり、くるくる回ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり。

終始笑顔をふりまいて、何よりもここにいることがうれしい! というフローレンスの気持ちがストレートに伝わってきた。

またすぐに日本に戻ってくるって、何度も言ってた。

”かわいい”って言葉が、こんなに似合うフローレンスだとは思わなかった。



そして、さまざまな形の感動がうねるようなセットリスト。

もっとゆったり曲を味わうのかと思っていたけど、特に後半はめちゃめちゃ楽しく、みんなでフローレンスに促されて、みんなでぴょんぴょん飛び跳ねてた。

あとで足つったもん。


視線はフロ−レンスに釘付け、セットリストは感動的。

すごいものを見させてもらった。


フローレンス、もうこれは ハートたち(複数ハート) LOVE ハートたち(複数ハート) なんだよ!


るんるん
 
2012/2/1
 
FLORENCE + THE MACHINE @ 赤坂BLITZ
 
01 No Light, No Light
02 What The Water Gave Me
03 Cosmic Love
04 Shake It Out
05 Heartlines
06 You've Got The Love
07 Never Let Me Go
08 Between Two Lungs
09 All This And Heaven Too
10 Dog Days Are Over
11 Rabbit Heart (Raise It Up)
--- encore ---
12 Only If For A Night
13 Spectrum
posted by かくらん堂 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

ZEBRAHEAD / JAPAN TOUR 2012

風邪が流行っててさ、まいった。

昨日からノドがめちゃ痛くて、直前までフトンにくるまってて、さすがにキャンセルしよーかと思ったんだけど…

行ってみました。


風邪ふっとばす予感はしてたんだけどさ、いやーぶっ飛んでたねー。


前座で充分あったまったあと、セットチェンジ。

zebrafead20120122.jpg


ステージ上は、安っぽいビニールのヤシの木やドリンクの出店、フロアにレイをばらまいて、この真冬にトロピカル・ムード満載な演出だよ。

途中、観客をステージにあげて、ドリンクをふるまったりもしてました。


アンコールのインターバルもそこそこに、全速力の1時間半!

最前ブロックでは、最初から最後までダイブ&モッシュ!

この際、本編の曲の話はおいといて…



やはり下ネタトークっすかね。


”ち♂こ、チイサイ” とか ”オオキイ” とか。

”ま♀こ、ダイスキー” とか。

カタコトの日本語まじりなので、オカシくて、ついついのせられちまいますな。


両手で作るハートのサインも、ゼブヘにかかると、”ま♀こサイン”

”恥ずかしがることないぜ、だってみんな持ってんだろ?”

みたいなこと言われて。

けっこう女子比率高いんだけど、みんなそろって、”ま♀こサイン””ま♀こコール”!


”ち♂こ出して、ま♀こ出して” と歌う、 ”Ching Ching Bing Bing” も披露!


なので、

”ち♂●”、”●♀こ”!


気分は、

”●ん●”、”ま●●”!


みんなで一緒に、

”●♂●”、”●●こ”!


”ま●●!””●ん●!””●●こ!”


”※ん●!””●●*!””ま#●!”


”●$こ!””★@〜!””▲●◆!”


”・・??””?ん・・””・・・・”


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・









えー、ここで、運悪くこのブログ記事をお読みの方にお知らせです。

ライブレポートの途中ではありますが、当局からの指導により、これ以上の記載の続行が不可能となりました。




悪しからず。








あー、また行きてぇ!


るんるん
 
2012/1/22
 
ZEBRAHEAD / JAPAN TOUR 2012 @ 横浜ベイホール
 
Support Act : KIDS IN GLASS HOUSES
 
01 Blackout
02 Two Wrongs Don't Make A Right, But Three Rights Make A Left
03 Jag Off
04 Ricky Bobby
05 Postcards From Hell
06 Truck Stops And Tail Lights
07 Hell Yeah!
08 Hello Tomorrow
09 Nothing To Lose
10 Rescue Me
11 Mike Dexter Is A God, Mike Dexter Is A Role Model, Mike Dexter Is An Asshole
12 Nudist Priest
13 Girlfriend Medley - Girlfriend / Oops!...I Did It Again / Wannabe
14 Mental Health
15 She Don't Wanna Rock
16 Just The Tip
17 Playmate Of the Year
18 The Set-Up
--- encore ---
19 Get Nice!
20 Falling Apart
21 Anthem
22 HMP
posted by かくらん堂 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

FOSTER THE PEOPLE / JAPAN TOUR 2012

今日の追加公演も即日ソールドアウトだそうで、やっぱ昨年もっともブレークした新人バンドだけのことはあるね。


ギターロック系を中心に追っかけている今日この頃ではありますが。

FTP にはその間隙をぬって、細胞のスキマに侵入されたような感じ。

あのビートは、クセになる。

fosterthepeople20120118.jpg

ステージの右端にドラムってのも面白いが、代官山UNITっていう、小さなハコゆえの配置だろうか。

サポートのパーカッションも右奥、左サイドにベースとギター、マーク・フォスターは狭いステージ上で、シンセ、ギター、パーカッションと楽器をチェンジしながら、エナジーを発散してた。



アルバムを1枚リリースしただけの彼らなので、持ちネタ全曲演ってくれるのがうれしい。

そのどれもがけっこうダンサブルで、最前でガンガン飛び跳ねていたのを、やや後方からながめていたオッサンであった。



で、アンコール1曲目、ここでキタかぁって感じで。

WEEZER のカバー、ってか完コピで、 ”Say It Ain't So” !

もともとWEEZER がいち早く ”Pumped Up Kicks” をカバーしたのが先で、それに応えた感じらしいっすね。

リバース・クオモが歌詞カードを手に歌ってるのを You Tube で見たけど、あれは笑えた。


オーラスはもちろんその ”Pumped Up Kicks”、アメリカで流行語にもなっている School Shooting を歌っていて、マーク・フォスターが観客をガンで撃つポーズをするって聞いてたんだけど、それはなかった。



るんるん
 
2012/1/18
 
FOSTER THE PEOPLE / JAPAN TOUR 2012 @ 代官山 UNIT
 
01 Houdini
02 Miss You
03 Life On The Nickel
04 I Would Do Anything For You
05 Broken Jaw
06 Waste
07 Call It What You Want
08 Don't Stop(Color On The Walls)
09 Warrant
10 Helena Beat
--- encore ---
11 Say It Ain't So
12 Ruby
13 Pumped Up Kicks
posted by かくらん堂 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

JUNJUN Presents WANNA★BE 新年明け初め LIVE 陣

じゅんじゅんの活動拠点が渋谷なので、年末の公園通りといい、ふだん足を踏み入れる機会のない場所にも、けっこう行くことになる。

渋谷に行っても、ふだんはタワレコと駅の往復をするくらいで、センター街近辺には近づかないようにしてるんだけどな。


渋谷 Star Lounge。

starlounge20120114.jpg

東急ハンズの向かい。


ここって、「壁の穴」 の最初の店があった場所じゃなかったっけ?


渋谷に行っても、最近はタワレコと駅の往復をするくらいで、センター街近辺には近づかないようにしてるんだけどな。

なので、宇田川町近辺をうろつくのは、本当に久しぶり。


昔のタワレコとか、CISCO とか、輸入盤レコード目当てで徘徊してたかな?

パルコなんかでにぎわう前の頃、高校時代に飲み歩いてた一帯でもある。



じゅんじゅんがホストをつとめるイベント”WANNA★BE” は、今年で3年目だそうです。

正直、3時間半は長いかなぁと思ってたけど、そんな気はぜんぜんしなかった。

wannabe20120114.jpg

冒頭、「純子の部屋」。

黒柳純子!? によるゲストとのトーク・コーナー。

じゅんじゅんのノリツッコミに味わいが…

でも、じゅんじゅん!

林家(はやしけ)ペー子、パー子 じゃなくって、林家(はやしや)ペー、パー子 だから!


そのあと入れ替わり登場するアーティストも、R&B、アイドル系ポップス、HIP&HOP、弾語り、謳い上げ、多種多彩で飽きることなかった。



トリはもちろん、じゅんじゅん。

junjun20120114.jpg

CDにも収録されている”君のいない世界”、着物風のコスチュームで後ろ向きにイスにすわってのパフォーマンスって…

え? マドンナっぽいじゃん?

ちょっと意外。


着物っぽい服を脱いで、クリスマス・イベントでも演ってた3曲。

このうち2曲が、今月末にはめでたく iTunes 配信 となるそうです。

楽しみっす。

最後の ”Chocolate Cake” は、シンガロングしてみました。


終わってからじゅんじゅんに、「ちゃんと歌えてたじゃん! YouTube で見た?」と言われた。

2回目のサビのときに目があったもんね。


まあ、ライブ前に予習していくのは、基本ですから。



次回 ”WANNA★BE” は、4月1日。



るんるん
 
2012/1/14
 
後藤純子 in WANNA★BE 新年明け初め LIVE 陣 @ 渋谷 Star Lounge
 
01 君のいない世界
02 WINTER 16
03 LOVE CALL
04 Chocolate Cake

posted by かくらん堂 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

後藤純子 in 彩りモノクローム : World X'mas Festival 2011

クリスマス3連休、イルミネーション華やかな町なかに出るのは気が進まなかったけど、3日間引きこもっているのもナニかと思い、そうそうそういえばと渋谷へ向かう。

タワレコか、せいぜいパルコあたりまで行くことはあっても、公園通りを登りきるのは、ホント何年ぶりだろう?

代々木公園って、はるか昔、あんまり好きでもなかった女の子とデート? 反核集会に参加? そのどちらかだったかと思うが、どちらにしても学生時代以来だよなぁ。


おとといの忘年会で飲みすぎ、ベロベロになってコケてしまい、たぶんアバラ骨にヒビがはいってるんだけど、その脇腹をさすりながら野外ステージを探す。


たしか、夕方の5時からって言ってた…

どうやらサンタがいっぱい集まるイベントがあったらしく、たくさんのサンタとB級グルメの屋台。

でも、明らかにクロージングに向かってる雰囲気なんだけど。

5時ちょっと前だけど、ステージも片付け始めてるし…


そんなときでした。

音楽の聞こえる方を振り向いてみると…


あ、あれかな?

そーだ、あれはまさしく!


JunJun だっ黒ハート

junjun20111225.jpg



前に出るのも恥ずかしいお年頃なので、ちょっと遠目から観てました。


曲は、ちょっとエロクトロっぽくて小気味のいい ”LOVE CALL” に続いて、JunJun の高校の頃の恋を歌った(?)バラード ”WINTER 16”

最後3曲目は、キャッチーなサビが印象的な ”チョコレート・ケーキ”


CDと本も買って、サインしてもらって、握手もしちゃった。

element20111225.jpg


アバラは痛かったけど、ちょっと元気が出た。

JunJun のブログでもこの時の様子が見れるよ。

コチラ をクリック!


るんるん
 
2011/12/25
 
後藤純子 in 彩りモノクローム : World X'mas Festival 2011 @ 代々木公園
 
01 LOVE CALL
02 WINTER 16
03 Chocolate Cake
posted by かくらん堂 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

立川談春独演会

会場は、池上本門寺。

むかしむかし、節分のときに来たことがあるなぁ。

有名人が豆まきをしていて、その中に当時の大関・琴桜がいたことだけ覚えてる。


i-honmonji20111106.jpg

事前の注意事項。

”帽子等をお召しの方は、本殿入場前に脱帽いただきます”

”本殿内は飲食厳禁となります。飴やガム等もご遠慮ください”

なんか緊張してきた…


前座のかわりに、池上本門寺の執事長が登場。

冒頭、元旦にお坊さんが二人で ”和尚がツー” と、ぶちかましてくれました。

danshun20111106.jpg


談春、マクラは、精進潔斎と被災地での落語会の話。

春太の 『牛ほめ』 でハイテンションになった最前列の小学生4人組が、談春の 『たぬき』 で飽きてしまい、噺の途中で外に出て行ったというエピソードは爆笑もの。



『禁酒番屋』

談春で聴くのははじめてじゃないかな?

と思ったけど、4年前に聴いてたっぽい。


そして仲入り後、なるほど、この会場で談春持ちネタからチョイスするとすれば、コレしかない。

『除夜の雪』

しかし、何度聴いても、なんだかなぁと思ってしまう。

3人の小坊主のコミカルなやりとりで進行する前半はともかく、後半が…

姑のいじめに耐えかねた大店の嫁が自害しました、以上。

みたいな…

実も蓋もないストレートな悲劇。

悲劇といっても、シチュエーションだけで、ドラマがない。


談春に言わせれば ”救いのない話”ということになるが…


20年くらい後に、談春がこの噺をどう演じるのかを考えると、ちょっと楽しみ。



直角背もたれのベンチシートがつらかった。

これも修行のうち?


イベント
 
2011/11/6
 
立川談春独演会 池上本門寺・本殿
 
 立川談春  『禁酒番屋』
 
 − 仲入り −
 
 立川談春  『除夜の雪』
posted by かくらん堂 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 演芸場にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。