2007年12月05日

談春七夜アンコール2007 「東雲」

たとえばその昔、年もおしせまったアメ横界隈。

当時、スーパー吉池の上にあった寄席にふらっと立ち寄る。トリの噺家は誰だったんだろう? いまとなっては思い出せるわけもない。

噺にはいると、閑散とした客席からザワザワッと。

”お、シバハマだ、シバハマだ”

このザワザワ感から、早朝の空気がキーンと冷たい芝の浜の情景へ、そしてクライマックスの告白シーン、おなじみのサゲ。

いやー、今年もこの噺が聴けたなーってことに満足して、あわただしい人ごみの中へ。


...っていうのが、典型的な 『芝浜』 の聴き方だと思ってました。


紅白の凋落とともに、かどうかは知らないが、三木助が完成させた 『芝浜』 も、単なる暮れの風物詩ではいられなくなった。

さまざまな落語家が、勝五郎と女房のやり取りを、あれこれと捏ねくりまわすようになったのは、談志の功でもあり、罪でもあろう。


談春の 『芝浜』 は、2年ぶり。

今回。

”座りションベンして馬鹿になっちゃう”ってのは、志ん生のフレーズだと思うが、談春相当のお気に入りで、ここでも使うかって感じ。

うまく噺になじませた使い方だったとは思う。

”いいよ、あたし一人でこの店を大きくするから”

女房のこのセリフは、意表をつかれた感じ。より現代的なセンスをはらんだ 『芝浜』 ができるのでは、という期待を抱かせた。


緩急、が良かったっすね。



イベント
 
2007/12/5
 
談春七夜アンコール2007「東雲」 横浜にぎわい座 
 
 立川春太  『子ほめ』
 立川談春  『三方一両損』
 
 − 仲入り −
 
 立川談春  『芝浜』

posted by かくらん堂 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 演芸場にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

談春七夜アンコール2007 第七夜「東雲」
Excerpt: 談春七夜アンコール2007 第七夜「東雲」 2007年12月5日(水)会場:横浜...
Weblog: らくごのパッチBLOG
Tracked: 2007-12-16 17:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。