2012年02月01日

FLORENCE + THE MACHINE

赤坂って土地柄だけのせいじゃないと思うけど、半分が西洋人という客層でした。

最新アルバム 『CEREMONIALS』 が、日本発売直前ってこともあるのかもしれない。

Sold Out ! って言っても、まだまだ日本じゃ知られてないのかなぁ。




ステージ下手のハープが、まず目をひきます。

なんか、それっぽい雰囲気だ。


メンバー登場、人数多いなー、数えるとサポートメンバー入れて総勢8名。


でもね、やっぱし。

振袖? 打ち掛け? をはおったフローレンス・ウェルチが登場すると、もう視線は彼女に釘付けでした。

florence+machine20120201.jpg


外見だけじゃなく、1曲目から、惜しげもなく歌い上げるって言ったらいいんでしょうか、その声量にまず驚いた。

正直、こんなに本格的に歌がうまいとは思ってなかった。


その後のパフォーマンスも含めて、フローレンスはイメージを裏切り続けてくれた。

クール・ビューティーっていうのか、冷たくて刺すような美しさを発散するのかと思ってました。


センターのスタンドマイクを前にしなやかにポーズを決めたり、くるくる回ったり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり。

終始笑顔をふりまいて、何よりもここにいることがうれしい! というフローレンスの気持ちがストレートに伝わってきた。

またすぐに日本に戻ってくるって、何度も言ってた。

”かわいい”って言葉が、こんなに似合うフローレンスだとは思わなかった。



そして、さまざまな形の感動がうねるようなセットリスト。

もっとゆったり曲を味わうのかと思っていたけど、特に後半はめちゃめちゃ楽しく、みんなでフローレンスに促されて、みんなでぴょんぴょん飛び跳ねてた。

あとで足つったもん。


視線はフロ−レンスに釘付け、セットリストは感動的。

すごいものを見させてもらった。


フローレンス、もうこれは ハートたち(複数ハート) LOVE ハートたち(複数ハート) なんだよ!


るんるん
 
2012/2/1
 
FLORENCE + THE MACHINE @ 赤坂BLITZ
 
01 No Light, No Light
02 What The Water Gave Me
03 Cosmic Love
04 Shake It Out
05 Heartlines
06 You've Got The Love
07 Never Let Me Go
08 Between Two Lungs
09 All This And Heaven Too
10 Dog Days Are Over
11 Rabbit Heart (Raise It Up)
--- encore ---
12 Only If For A Night
13 Spectrum


posted by かくらん堂 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽会にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。