2012年08月19日

南三陸町復興支援試合 @ 平成の森しおかぜ球場

3日間 (正しくは2日間と1時間) のボランティア・ワークを終えて、南三陸町へ。


Oさんに一ノ関まで送っていただき、新幹線で仙台へ。

気仙沼から南三陸へ直接行った方が早かったはずなんだけどね。


イースタン・リーグ公式戦 「南三陸町復興支援試合 がんばろう南三陸デー」。

いやー、よくよく考えたら、NPBの公式戦は、今シーズン初観戦だぁ。


今日のゲームは、南三陸町の方は無料招待。

チケットは一般売りされておらず、地元以外の人が観戦するには、仙台発のバスツアーに参加するしかなかったのです。



途中、被災地を車中から見学。


南三陸町。

「平成の大合併」により、志津川町、歌津町が2005年に合併して誕生、津波被害のイメージが大きいが、その7割は森林地帯という。

人口 (震災時) 17,700人

死者   396名

行方不明者(届出数) 612名

負傷者 調査中

避難者  8,719名


数字を並べるだけで、涙が出そうになるよね。


震災直後、連絡手段が断たれたことから情報が錯綜、市街の数千名が全滅したとのニュースが飛びかってました。

リアス式の特徴で、小さな湾ごとに集落が形成されていたが、ことごとく津波にさらわれた。

陸前高田の市街地は、広大なだけに一見して衝撃的だが、規模は違っても街並みが根こそぎ姿を消しているという意味では同じ。

minamisanriku20120819.jpg

有名になってしまった防災庁舎あと。

多くの人が訪れていた。

町としては、いったん解体を決めたものの、保存を求める声もあり、議論になっているという。


津波に備えての防災庁舎だったわけだが、津波はこの2メートル上を越えていった。

避難誘導のアナウンスを続けた24歳女性職員はじめ、ほとんどの職員が犠牲となってしまった。







南三陸さんさん商店街(仮設商店街)で、職場への土産を買い、いよいよ球場へ。


南三陸特産のタコをふんだんに使用した「タコ多幸弁当」、イーグルスのレプリカユニを受け取って入場。

これで4,980円のバスツアー、かなりのお得感ありました。


先発は、ファイターズ斎藤佑くん、イーグルス下柳。

shiokaze20120819.jpg

いやー、しかし暑い。

こんな中で、野球とかボランティアの屋外活動は、超人的だ。

鵜久森のホームラン、初めて見たかも。



試合後、両チームは、歌津、志津川両地区の仮設商店街を訪問したそうです。



野球  イースタン・リーグ 公式戦
 
2012/8/19 (Sun) 平成の森しおかぜ球場
 
-------------------------------------------------------
北海道ファイターズ :000 003 000 - 3 13 4
東北イーグルス   :120 030 12x - 9 10 0
-------------------------------------------------------
 
Eagles: 下柳(W,3-1)
 Fighters: 斎藤佑(L,0-2)
HR: 鵜久森 (11)
 Time: 3:14, Attendance: 2,525
posted by かくらん堂 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球場にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月18日

写真洗浄 @ 気仙沼

ボランティア3日目は気仙沼。

海岸の清掃が主な活動となっている気仙沼だが、陸前高田2日間でバテバテとなったのを見かねた(と思われる)Oさん、気仙沼復興協会にかけあって、屋内作業をアレンジしていただいた。



活動場所は、廃校となった中学校校舎。

気仙沼街道から山道を15分ほど車で入ると、レトロ映画にでも出てきそうな趣のある木造校舎。

tsukidate20120818.jpg

Oさんでさえ、こんなところに学校があったなんて知らなかったという不便な地だが、その校庭にまで仮設住宅が建てられていたのにはビックリ。

なんでこんな不便なところに? と、頭をひねりたくなるような場所に、仮設があるのはここだけではない。

インフラ(特に水道)が整っていて、高台のすぐに使える場所という条件から、このようなことになるらしい。



津波などで流された写真を救済する作業、気仙沼では盛んで、これまで洗浄した写真の枚数、なんと100万枚だそーです!

約半分が、持ち主に返還されたとのこと。


写真洗浄って、なにか特別な洗浄液かなにかを使うのかと思ったら、単純に水洗い。

バクテリアにおかされたインクは、指でこすると落ちてしまう。

せっかくの画像が洗うことで消えてしまうのだが、バクテリアを残しておくとさらに侵食されるので、ゴシゴシするしかない。


必ずしも持ち主に還るものなかりではないのだが、この日は被災者さんからの持ち込みアルバム。

可能なかぎり救済して、持ち主にお返しすることになる。



社会福祉協議会経由で合流した5名を加えて、計6名が今日のメンバー。

関東方面から来た2名は、ボランティア活動で知り合い、仲良くなったというおばちゃん2人。

高校1年と小学生の兄弟とそのお母さん。

いずれも、東北出身だったり、実家があったりで、自分でも何かできることはないかと考えて、ボランティアに参加してきたそうです。

kesennuma20120818.jpg

言葉を発する体力さえも失われた陸前高田での屋外作業とは違い、べちゃべちゃしゃべくりながらの作業でした。

おばちゃんパワーに圧倒されつつも、楽しく作業できました。



作業終了後、気仙沼市街をOさんに案内してもらう。

復興商店街に立ち寄り、ホヤをさばいてもらい、その場でいただく。

うん、東京でホヤが好きだという人に会ったことないけど、ここのホヤは別モノですぜ。

是非、機会があればご賞味あれ。


やなせたかしデザインのキャラクター、ホヤぼーやがカワイイ”ホヤぼーやクッキー”、お土産に買いました。



衝撃的だったのは、魚市場南側の地域。

去年来たときには来なかった場所なので気づかなかったが、被災したまま、ほとんど手がつけられていない。

水産加工場などがあったという一帯、漁港が復活しても、水揚げした海産物を加工し、全国に出荷するシステムが、これでは機能するわけない。

仮設商店街は大事な取り組みだが、それだけでは、とてもとても復興には結びつかないよね。



今回の活動は、これにて終了ですが、明日は別企画で南三陸に向かいます。


家  東日本大震災救援ボランティア
 
2012/8/17 (Sat) 気仙沼市塚沢  晴れ
 
【作業内容】
 写真洗浄

【作業時間】
 9:00〜15:00

【参加者】
 6名
posted by かくらん堂 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

水路の泥出し(リベンジ) @ 陸前高田

陸前高田2日目。

昨日、使いものにならなかったので、さすがに反省。

多少なりとも体調を整えてきたつもり。


マッチング。

作業は昨日と同じ、個人参加44名は1チームとなり、小友町門前へ。

2日続けて参加している人が半分くらい。

そのうちの一人、小学生くん、昨日の午後はダウンしていたらしい。

まあ、1時間もたず撤退したオッサンよりは、ぜんぜん頑張ってます。



現地に着くと、昨日の成果をまず確認。

影も形もなかった用水路が、はっきりと姿を現しつつあった。

すごい。

40人あまり、炎天下4時間あまりの作業でここまで達成していたんだ。



本日も、炎天下、無風、日陰なし。

気温35度近く、体感温度は40度超えか?

歩くだけで息苦しいくらい。


足場が悪い中、土とガレキに埋もれた水路から泥をかきだす作業。

基本的に重力に逆らう力が必要となります。

スコップで、2、3回かき出しただけで、息があがってしまう。


ハァハァ、ゼェゼェ…


当初、20分作業10分休みというインターバルで作業を開始したが、これを2セット、つまり1時間ほど繰り返したあと、あまりの暑さを考慮し、10分作業5分休憩というパターンに切り替え。


いやー、それでもすぐに息があがるぜよ。


ハァハァ、ゼェゼェ…

ハァハァ、ゼェゼェ…



昨日のように頭がふらつくようなことはないが、皆のペースについていくことに限界を感じるなぁ。

くやしいけど…


”無理せず、どんどん休んでくださ〜い”と、リーダからの呼びかけにこたえることに。

個人的に、10分作業20分休憩パターンに変更。

皆が作業する中、同じように自主休憩をとるおにいちゃん一人。

言葉を発するのも体力がいるので、お互い黙って、静かに体力の回復を待っておりました。


結局、半分以上休憩時間となった午前中が終了。


昼休み、高台にある木陰で昼食。

この1時間、とっても助かりました。


午後、ようやく、人並みに動けそうな気がしてきた。


再び、20分作業10分休憩パターン。

自然と2人1組となる。

1人が数回かき出し、一息つくあいだに、もう一人が今度がかき出し作業という組み合わせで、休み休みながらも着実に作業は進行。



そして…

2日間の成果が、コレ。

rikuzentakata20120817.jpg


2日間のべ100人で、東京ドームのホームから外野までの距離くらいの水路が、完全に姿を現しました!


それでも…

まだまだ手がつけられていない元田んぼが、果てしなく広がってるんだよ。

暑さだけでなく、目まいがしそうだ。

明日以降のボランティア・チームに、心の中でバトンタッチ。


家  東日本大震災救援ボランティア
 
2012/8/17 (Fri) 陸前高田市小友町  晴れ
 
【作業内容】
 水田の用水路のドロ出し

【作業時間】
 10:00〜14:30

【参加者】
 44名(男女、小学生、お年寄り含む)

【資材】
 剣先スコップ
 角スコップ
 つるはし
 土のうスタンド
 土のう袋
posted by かくらん堂 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

水路の泥出し(リタイア) @ 陸前高田

1年ぶりに戻ってまいりました。

昨年お世話になったOさんに、今回もすべてのコーディネートをお願いしております。


初日、陸前高田。


ボランティアセンターに8時すぎ。

朝礼、ラジオ体操のあと、個人参加の登録。

昨年の反省をふまえ、今年はちゃんと東京でボランティア保険の加入してきました。

rikuzentakata20120816.jpg

団体さんの受付終わり、いよいよマッチング。

えっと、マッチングってのは、簡単に言うと仕事の割り振りのことです。

おさらいですが、個人参加の場合、その日に用意された仕事の中で、どれに参加するかをその場で決める。


陸前高田ボラセンのHPを見るとわかりますが、最近では水路の泥だし、ガレキ撤去、草取りが多いようです。


結論から言うと、本日の個人参加43名は、マッチングするまでもなく1グループでした。


仕事は、田んぼの用水路の泥だし。

場所は、小友町門前。

おっと、昨年と同じ住所じゃねーですか。


この小友町は、広田半島の付け根部分に位置しており、太平洋と広田湾に挟まれた地域です。

そのため、太平洋と広田湾の両側から津波に襲われたという。

当然、残された田畑は泥とガレキに覆い尽くされた。


震災から1年半たった今も、田んぼは手つかずのまま残されているんですね。

オリエンテーションでは、遺体や人骨らしきものが発見された場合の注意事項などが…



いや、じつはこのオリエンテーションの頃から、ヤバイなと感じてた。

朝から30度を突破したかと思われる炎天下、10分を超えるオリエンテーションのあいだも、お日さまギラギラ!


ボラセン出発時に、すでに水筒の水は半分以上飲みつくしてました。

やむを得ず、現地への移動途中、コンビニでペットボトルを補給。



現地について、唖然…


東京ドーム3個分という広大な田んぼ。

炎天下に加え、無風、日陰なし。

おまけに、元田んぼには雑草が生い茂り、足元が悪くてまともに歩ける状態じゃない。


さっそくスコップで掘り始めるも、すでに異変が。


圧倒的に水分が足りない!

頭ふらふら!

身体に力が入らない!



いや、ですから…


正直にゲロします…


前日、東北入りし、Oさんとの再会を祝って、しこたま飲んだわけです。


途中のコンビニで、実は吐いてました…

正真正銘のゲロです…


すいません…



でも、もうムリ…

このまま熱中症になってしまうと、その方が大迷惑。



活動開始1時間もたず。

最初の休憩でリーダに申し出て、リタイア。


女性、小学生、お年寄りも含めて40数名の中で、いの一番にギブアップするのは、かなり勇気がいったよー。


でも、自分が悪いんだし。


車の中でしばらく休んだけど、とてもあの炎天下の作業に戻れるとは思えず…

ひとりだけ、ボラセンに戻って休ませてもらった。


スタッフさんにも、昨日の飲みすぎのせいと、正直にコクりました。



「勇気ある撤退」

「賢明な判断」


とか、言われましたが、チョー落ち込んだっす。


いったい、何しに来たんだか…



今夜はちょっと酒をひかえるぞーっ!

できるかな?


家  東日本大震災救援ボランティア
 
2012/8/16 (Thr) 陸前高田市小友町  晴れ
 
【作業内容】
 水田の用水路のドロ出し

【作業時間】
 10:00〜10:45(チームとしては 10:00〜14:30)

【参加者】
 43名(男女、小学生、お年寄り含む)

【資材】
 剣先スコップ
 角スコップ
 つるはし
 土のうスタンド
 土のう袋
posted by かくらん堂 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 被災地にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。